ツインレイ

【ツインレイに出会ったら最後】駅のホームで出会った人は怪しい男じゃなくて未来の夫になる「私の運命の人」でした

 

 

高校の同窓会の後、女子メンバーで二次会をしていたのですが、次の日仕事にも関わらず楽しすぎて終電を逃してしまいました。

田舎だったのでタクシーも捕まらず、駅前のロータリーで女子数人立ち往生状態だったのですが、夜中にも関わらず自転車に乗った2人組がこちらにやってきました。

 

危ない人達かもしれないと、逃げようとしたのですが近くで見ると同い年ぐらいの男の子2人でした。

ほかの女子はその2人組と楽しく話し始めましたが、私は早く帰りたかったので、特に2人と絡むことはせずボーとしていました。

 

すると、そのうち1人がどうしても私を送ってあげたい、とのことだったのでありがたく家の近くまで自転車で送って貰うことに。

その時、私を送ってくれたのが今の旦那です。

 

 

 

 

 

 

こちらもCHECK

【偽ツインレイに出会うとボロボロになる?】魂の掃除屋に出会ってしまうのも貴女に与えられた試練

      この世にたった1人の運命の人と言われるツインレイ。 実は偽ツインレイが存在するのをあなたは知っていますか?   ツインレイのはずなのに上手くいかない ...

続きを見る

 

 

ツインレイとの出会いはスローモーションだった

 

駅のホームで出会った偶然出会った彼。

初めは怪しい人だと思っていました。

 

なぜなら、フードを深く被っていて片手にはギプスが付いていたからです。

しかも、チラチラこちらを何度も見てくるので「殺される?」まで考えていました(笑)

 

 

でもそこから色々あってお話することになり、被っていたフードをようやく取ってくれたのですが、顔を見た瞬間びっくり。

私のタイプな顔ド直球だったんです。

 

理想で今まで語ってきた顔が目の前に現れたので、なんだかフードを取る瞬間はスローモーションで世界が動いているような気もしました。

その時直感で「私はこの人と結婚する」と思ったんです。

今までの恋愛でそんな風に思ったことは無かったので、ビビッと感じるものがあったんだと思います。

 

 

 

大学卒業したての彼との結婚は2人に与えられた試練

 

彼の地元で同棲が決まり、トントン拍子で進んでいくかと思いましたが、就職先の関係で寮に住まなければならないかも、という状況になりました。

でも、条件として結婚していれば寮に住まなくていいとのことだったので、お互い結婚相手は絶対この人!と思っていたので結婚に抵抗はなくむしろラッキーって感じでした。

 

でも周りの反対意見もあって、中々上手く結婚の話が進まなかったんです。

最終決めるのは自分達。そうは分かっていても、大学卒業したての彼にそこまで決断させるのは申し訳ない気持ちもありました。

 

けど、私も意地を張ってしまい、結婚してくれないなら別れる!とまで言ってしまったんです。

3年半も付き合っていたのに、その時は本当に別れの危機でした。

 

 

ツインレイの彼と喧嘩は絶えないけど

 

彼の地元で同棲し、無事結婚もしています。

お互い歳もまだ若いので、仕事仕事に追われる日々ですが、彼に着いてきたことに後悔はしていません。

 

新しい土地で慣れないことも多く、友達も居ないけれど、彼の両親の支えもあって毎日楽しく過ごせています。

もちろん、喧嘩も多いし、離婚だー!ってなる時もありますが、喧嘩するほど仲がいいと思うようにしています(笑)

顔がタイプで入った恋愛も今年で5年目です。

 

今は顔よりも日に日に彼の性格が好きになっています。

 

 

 

 

ツインレイだと感じたら迷わず進んで!

 

何もせずに後悔するよりは、自分が納得いく選択をして後悔した方がいいと思います。

私の運命の人だ!と思って行動してもそうじゃないことも、もしかしたら有り得るかもしれません。

 

でも、行動したことに意味があると思います。

何も行動しなくて、「たられば」になってはこの先の人生後悔しますよ。

 

 

今は男性からアプローチをしなきゃいけない!なんて決まりはないです。

本当に運命の人と幸せになりたいなら貴方からアプローチすることも大事だと思います。

色んな試練があるかもしれないけど、それが人生だと私は割り切っています。

それに、何ヶ月後・数年後にはら今までの試練が笑い話になることだってあります。

自分の幸せを第1優先に、頑張ってください。

 

 

 

私もツインレイに出会いたい!なら

 

毎日が退屈。

いい男には彼女や奥さんがいるし。

私にはツインレイなんていない運命なのね…。

 

そんなあなたにもきっとツインレイはいるはず。

今、どこで何をしているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ツインレイ