ツインレイ

【ツインレイだと確信してたのに勘違いだった】偽ツインレイと混同しがちな7つの現象とは?

 

ツインレイ 勘違いだった

 

 

「この人こそ前世から繋がったツインレイに違いない」

「この人に再会するために私は生まれてきたんだ」

「彼と一緒にいるだけですべてが満たされる」

 

このように彼がツインレイだと確信しているのにも関わらず

実は偽ツインレイだった‥

というケースがあります。

自分の中では疑いようのない男性でも、結果的に勘違いだった…というケースは意外に多いのです。

 

 

実際、ツインレイと判断できる条件を満たしている男性なので本物と考えてしまいがち。

しかし、その条件は必要条件ではあるが十分条件ではないものなのです。

 

 

 

つい「ツインレイと確信してしまう」7つの現象とは?

 

「この人は私のツインレイです!」と思ってしまう人は以下のような経験をしたという人が多いのです。

確かにツインレイ特有の判断基準です。

しかし、実はこれだけではツインレイと判断するには十分な条件ではないのです。

 

 

ツインレイと判断してしまう7つの現象

  • 恋愛感情がすぐに芽生える
  • 簡単に付き合えない場合がある
  • 偶然に会うことが何度もある
  • 無理矢理にでもまた会いたくなる
  • 強い嫉妬心がうまれる
  • 身体的特徴が似ている
  • 育ってきた環境が似ている

以上の7つです。

 

では1つずつ説明していきます。

 

 

【恋愛感情がすぐ生まれる】

これは言われる一目惚れと思われがちですが、そうではなく『この人昔から知ってる』という、昔の恋人のような気持ちになる感じです。

初めて会うはずなのに何故か心地よい気持ちになる、この人とどこかで会ったことあるはずとなる感じです。

 

 

 

【簡単には付き合えない相手の場合がある】

知り合った時既に、彼氏彼女がいる、既婚者、歳の差がめちゃくちゃある、格差がある。

まるで悲劇・ロミオとジュリエットのような、会えても試練が待ち構えている!なんて事もありまえます。

 

何度も何度も生まれ変わっては魂の片割れを探してやっと会えたと思ったら試練がある。

でもそんな試練なんてどうでもいいぐらいお互いを求めて惹かれ合う!なんてロマンチックなんでしょうか。

どんな試練を乗り越えでも一緒になりたいという気持ちがある場合は相手がツインレイの可能性もあります。

 

 

 

【偶然に会うことが何度もある】

対して約束もしてない、お互いの行動パターンも知らないのに何度も何度も街中でバッタリ会うということが何度もあったり、連絡しようと思っていたら相手からちょうど連絡してきてくれたり…ツインレイは自然に惹かれ合う為そのような偶然もあるんですよ。

 

 

【無理矢理にでも会いたくなる】

『絶対にこの人を取られたくない』思うことがツインレイにはあるようです。

連絡先を進んで聞こうとしたり、2人きりで会う約束をするという行動に出るのも自然な事です。

 

普段なら社会のルールとして「会うことはむずかしい」なんていう場合でも、後先考えずに会いに行くというケースも多いのです。

 

 

 

【強い嫉妬心がうまれる】

他の人と仲良くしてるだけなのに、話をしてるだけなのにめちゃくちゃ凄い嫉妬心に襲われたり『取られてしまう』という気持ちになる。

こんな場合もツインレイかもしれません。

どうにかしてでも自分のものにしたい!と言う気持ちが生まれてしまうのは、やっと会えたツインレイだからかもしれないですよ。

 

 

 

【身体的特徴が似ている】

 

これは手足の形、ホクロの位置、髪質と言った細かいところが似ている事です。

ツインレイはお互いを見つけやすくするために、自分達にしかわからない小さなところを似せるのかもしれないですね。

 

 

 

【育ってきた環境が似ている】

一種の詐欺かな?って思わせるぐらい家族構成も育ってきた環境も似ているようです。

そんな人滅多にいませんよね。ソウルメイトだからこそ、似たような環境で育ってるのでしょうね。

 

また、生年月日や血液型などが似ている、などというケースも多くみられます。

 

ちなみに今言ったツインレイに当てはまる夫婦が私の友達夫婦に1組だけいるんです。あくまでも私個人の考えなので2人がどう思ってるかなんて知らないんですけどね。

 

 

 

「ツインレイ」だと思ったのに勘違いだった…

 

ただ、7つの条件のどれかが当てはまるからと言って必ずしもツインレイとは判断できません。

あくまでもこれだけでは「ツインレイなのかも?」というものなのです。

 

 

例えば「馬」を想像してみてください。

馬は4本足で歩く、という条件は満たします。

 

しかし、4本足で歩く動物=馬とは限りません。

豚や鹿、犬や猫も4本足で歩きます。

なので、「4本足で歩く」ということだけは馬を限定させることができません。

馬と限定させるには、4本足で歩く意外にも「ヒヒーンと泣く」や「人を乗せて走る」などの条件も満たさないといけないのです。

 

これと同じように先述の7つの条件が当てはまるだけでは、必ずしもツインレイだとは判断できないのです。

つまり、ツインレイかもしれない、というだけで断定することはできないということなのです。

 

 

 

彼がツインレイだと判断するには?

 

ツインレイという概念は非常にスピリチュアルなものです。

残念ながら科学的に証明することはできないものです。

 

そのスピリチュアルな問題は占い師に判定してもらう以外にはないのです。

世の中には「ツインレイ」「ツインソウル」に精通した占い師がいます。

その占い師にしか本物のツインレイかそれとも偽ツインレイかは判断できないのです。

 

 

 

でも、占い師って怪しいよね。

そう思いますよね。

 

しかし、宗教も同じようなもの。

歴史こそ紀元前からと永い間存在していますが、宗教も科学的には誰も証明できません。

それでも、全世界で、過去数千年も多くの人々に信じられています。

 

もし今のあなたが

 

  • 彼は本当のツインレイなのか?
  • 彼は偽ツインレイなんじゃないか?
  • ツインレイにはいつ出会える?

と思っているのなら、ぜひ一度ツインレイに精通した占い師に相談してみてください。

 

 

貴女のツインレイについて知りたいなら

 

 

-ツインレイ