未分類

既婚女性に独身男性がやきもちを焼くのはどんな時?そのヤキモチの本心とは!?

 

年上の既婚女性に恋をしている独身男性。

そんな男性もヤキモチを焼くことも当然有ります。

 

「私にヤキモチ妬くなんて可愛い」なんて思いますよね、こんな時って。

 

しかし、年下とはいえ相手は一人前の男性です。

そのヤキモチにはどんな深層心理が隠されているのでしょうか?

 

 

既婚女性にやきもちを焼いた経験のある男性たちの経験談

既婚女性との不倫を経験した5人の独身男性(当時)から、彼女にヤキモチを焼いてしまった時のことを聞いてみました。

 

 

ヤキモチは逆に燃え上がる恋のスパイス

不倫関係にありましたので、非日常な部分ではお互い楽しむことができました。

が、それぞれの家庭の中には口出しをしない約束でしたので、何気ないスーパーでの買い物や子供の遊び、公園でのピクニックやアスレチックで楽しんだ話し、水族館や遊園地などで公に楽しんだ話を聞いたときには、自分では実感できないことなのでヤキモチを焼きました。

また、独占欲からか、旦那さんとの夜の生活の話しを聞くとヤキモチを焼いてしまいましたが、私の場合はそれが反動となり嫉妬心から旦那さんよりも上回りたいという思いで逆に熱くなりました。

 

 

独占できないことがヤキモチの理由

やはり相手方の女性には、決まった相手がすでにいるので、その姿が見え隠れしたときにヤキモチを焼いてしまいました。

デートなど遊ぶ予約を入れていたのに、相手方の旦那様の都合優先になってキャンセルになったときや、どうしても旦那様との営みを完全に避けさせることは出来なかったことなどです。

また、どれほど言葉で気持ちを確かめたとしても、もともと好きあって一緒になった間柄、どうしても旦那様への愛情があり、自分だけのものにはならないと端々の行動や言動から感じ取ることが出来てしまったときも、強くヤキモチを焼きました。

 

 

家族の話は基本的にヤキモチを焼かせる

旦那な子供との楽しい思い出を思わず話されてしまったとき。

家族でどっかに行って焼肉とか楽しかったなんてお話されると、正直うらやましくなります。

こっちが独り身だから、余計にそういうことを感じるのかもしれませんね。

 

また、旦那のグチなんかいろいろ聞いて、相談されると、いろいろアドバイスしてあげますが、結局最終的にはその状況に焼きもちを焼いてしまっている自分がいます。

結婚する前に一緒に会っていればよかったのにね~とお互い言っておりますが。

 

 

夜の営みの話はヤキモチの定番

性格は明るくサバサバした人だったので、よく冗談を言い合える関係でしたし、下ネタなんかも大丈夫な人だったんです。

バイトの休憩室でその人と僕とあと何人かで世間話をしていた時に、ふとした話の弾みで誰かがその人に「旦那さんとの夜の方はどうなんですか?」とふざけて聞いてしまったんですね。

その人も臆する事なく質問に答えていたんですが、結婚して4年経っても月に2回は性交渉がある事、結婚前まではオーガズムに達する事はなかったけど、旦那さんとの性交渉で初めてそれを経験した事などを面白おかしく話していました。

なるべく楽しそうに聞かないといけないとおもって顔では笑っていましたが、胸が痛くてしょうがなかったです。

 

 

ナンバーワンになれないと感じる時に独身男性はヤキモチを焼く

いつも私にも明るく優しく接してくれて、冗談を言えば楽しそうに笑ってくれていた彼女ですが、ふとした瞬間に彼女のナンバーワンは自分の家庭であることが伝わってくることがあり、なんとなく寂しい気持ちになりました。

特に、他の女性社員と子育てのことを話していたり、半分のろけのような旦那の愚痴を話しているのを聞いている時は辛かったです。

彼女が社会人の礼儀として私にも好意的にしてくれているだけで、それ以上を求めることは出来ないのだと痛感しました。

 

 

-未分類

© 2021 真面目な独身男性 既婚女性 Powered by AFFINGER5